【新型】ジムニーとジムニーシエラを比較したらどっちが買い?

新型ジムニー はその直線的でスクエア〜なスターリングが大評判。オフロードファン以外からも注目を集めています。

ジムニーシエラの特徴のひとつである、横に張り出たオーバーフェンダーは特に評判がよく、もともと国外向けに用意されたクルマでありましたが、今回の新型発表で国内でも大人気となり納車は1年以上先との報告が相次いでいます。

でも実際には購入を検討しようとすると、ジムニーとジムニーシエラはどっちを買えばいいの?といろいろロ迷っちゃいますよね。

そんなあなたの為に、参考になる記事が出てますので紹介します。

新型ジムニー/ジムニーシエラ発表!オススメはシエラの「JL」グレード

【新車】新型ジムニー/ジムニーシエラ発表!オススメはシエラの「JL」グレード

2018年7月5日、約20年ぶりにフルモデルチェンジを受けた新型ジムニー/ジムニーシエラが発表・発売されました。

オーナーの所有満足度が高く、買替え需要が望めるジムニー/ジムニーシエラですが、新型には4WDに乗ったことのない人にも一度乗って欲しいという想いが込められているそう。

まず気になる価格は、ジムニーが145万8000円~184万1400円。売れ筋になりそうな仕様を見ると、中間グレード「XL」の4ATが167万9400円、最上級グレードの「XC」の4ATが184万1400円となっています。もちろん、5MT、4ATともに設定され、ヒルホールドコントロール、ヒルディセントコントロールを全車に標準装備。

1.5L直列4気筒DOHCエンジンを積むジムニーシエラは、176万400円~201万9600円。「JL」の4ATが185万7600円、上級の「JC」の4ATが201万9600円。もちろん、4AT、5MTを設定。

ジムニーとジムニーシエラをATで比較すると、ジムニーの最上級「XC」のATは184万1400円で、シエラの下位グレードである「JL」の4ATは、185万7600円と、1万6000円程度の差しかありません。

軽自動車のランニングコストの安さを重視する人はもちろん、街中や近所の足として使うのがメインであるなら、迷いなくジムニーを指名買いすればいいでしょう。迷うのが、必ずしも軽でなくてもいい場合。

スズキでは、高速道路や山道も走る機会が多いのならジムニーシエラもイチ押しとしています。なお、ジムニーは「XL」以上がフルオートエアコンで、「XC」に「スズキ セーフティ サポート」を標準化し、「XL」と「XG」には「スズキ セーフティ サポート」装着車をメーカーオプション設定で用意。

一方、登録車であるシエラは、全車にフルオートエアコンを標準装備し、ヒルホールドコントロール、ヒルディセントコントロールもジムニー同様に全車に標準化。「JC」と「JL(スズキ セーフティ サポート装着車)」の装備差は、LEDヘッドランプの有無、クルーズコントロールの有無、本革かウレタンステアリングホイールになるか、そして内装の加飾類(メッキ)の差となっています。

ジムニーのエンジン出力は、64ps/96Nm。燃費は、WLTC(総合)モードで、ジムニーが13.2km/L(AT)~16.2km/L(MT)。一方のシエラは、102ps/130Nmで、燃費は13.6km/L(AT)~15.0km/L(MT)。車両重量はジムニーが1030kg~1040kgで、シエラが1070kg~1090kg。カタログモデル燃費も重量差も大差ないといえる範囲に収まっています。

ジムニーかジムニーシエラで迷った場合、シエラの「JC」の買い得感の高さが気になるところ。なお、ジムニー、ジムニーシエラに設定される「スズキ セーフティ サポート」は、メーカーオプション設定グレードの場合、4万2120円なのでぜひ装着したいところです。

記事元:sansupo.com https://www.sanspo.com/geino/news/20180706/eco18070616410001-n1.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする